その他

Trainini 2019年4月号

投稿日:2019年4月25日 更新日:

4月24日発行のZゲージのオンライン・マガジンのTrainini 4月号に
ピッコロさんが投稿された、Osaka Z Day 2018はじめ、静山さんのレイアウトなど
Baden谷九の記事が掲載されました。

https://litlalestarstodin.is/wp-content/uploads/2019/05/Trainini_int_2019-04.pdf

ドイツ語版ですが、ほどなく英語版もリリースされる予定です。

英語版がリリースされました。

参考までに、グーグル先生による翻訳を付け加えておきます。
「大阪Zデー」は、地元のレーンZ愛好家グループ「Baden-tani9」(http://www.baden-tani9.com)が主催する、大阪で開催される2年に一度の鉄道模型展です。
このグループの名前は最初に製造されたモデルバーデンのタイトルと近くの地下鉄の駅の名前から派生しています。
それは日本中で知られている展覧会です、そして多くの愛好家はZサイズへの情熱を共有するために大阪にやって来ます。
展示されている施設は、ヨーロッパと日本の両方の風景からインスピレーションを得て、メルクリン、ロクハン、テンソドなどの鉄道車両を装備しています。
日本は常に小規模のZゲージに最適な市場です。
示されているすべてのシステムとそのビルダーに共通の特徴は、詳細な精度です。そして何よりも、強い共有意識と共有された楽しみを見ます。あらゆる場所でGauge
Zに捧げられたすべてのイベントで友達を団結させる要因。
組織も申し分のないもので、前日の準備から通常の送別会を含むイベント終了まで、すべてが完璧に行われました。
2018年11月24日に行われたこの最後の版では、私は私のスーツケースシステムに参加する特権を得ました。そして、それは事実上すべての輸送モードで合計約22,000キロをカバーしました。
グループ全体のおもてなしは素晴らしかった、私もあなたに感謝します!
もちろん、大阪Zデーは日本での休暇の出発点でもあり、それは明らかに列車を要求しました! 私たちが知っているように、電車はここで最も重要な交通手段です。
多くの鉄道会社が国のほぼすべての地域に到達するために無数の路線を運行しています。
鉄道文化は信じられないほど深く日本の考え方に根ざしており、朝日の国の鉄道の技術、組織、維持および時間厳守は世界中で知られています。
訪れるべき多くの鉄道博物館もあります。

Follow me!

-その他

Copyright© Baden谷九 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.