新着記事

■Baden谷九 は、関西を中心に活動するZゲージ鉄道模型の愛好者グループです

 Zゲージは、1/220スケール、軌間6.5ミリのとても小さな鉄道模型です。ドイツとアメリカのメーカーが主でしたが、最近は日本のメーカーも日本の車両を出すようになりました。その小ささから、限られたスペースでもレイアウト(線路を敷いた情景模型=ジオラマ)を作ることができます。上のスライドショーの写真は、メンバーの作成・保有するレイアウトと車両などです。
 日頃は大阪府郊外の枚方市のとある住宅の一室にある共有レイアウトを少しずつ作成したり、持ち寄った車両を走らせたり、時にはメンバーのレイアウトを見学したりと、Zゲージを楽しんでいます。そしてもちろん飲み会も…。
 参加したいと思われる方は左のメニューの下にある問い合わせ先へメールをお送りください。

新着記事

 私たち「Baden谷九」は、「Osaka Z Day 2020 オンライン」において、RZモジュールの動画を撮影し、レイアウト紹介のコンテンツとして、YouTubeで配信しましたが、今回は、初の試みとして環状運転を行いました。配線図や各モジュールの紹介を記事にまとめましたので下記からご覧ください。

 「RZモジュール」は、2012年に「Baden谷九」が策定したZゲージ鉄道模型レイアウトのモジュール規格です。

 当初、「Osaka Z Day 2020」を2020年10月3日に大阪市立西区民センターで開催予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響により、日程変更のうえオンラインによる開催に変更したため、押さえた会場で動画撮影を行いました。

 

 昨年12月、Zゲージ鉄道模型メーカー ロクハン よりモジュールレイアウトのベースとなる、RZ-TRAK(モジュール)が発売開始されました。 ベースの高さや奥行きは異なりますが、複線間隔が同じ25mmでロクハンのレールを使用しておりますので、工夫すれば相互に接続も可能です。

 相互に接続して、イベントで公開できる機会があればと良いですね。


Osaka Z Day 2020 レイアウト紹介「Baden谷九共同レイアウト」

投稿日:2019年2月5日 更新日:

Copyright© Baden谷九 - Zゲージ鉄道模型を愉しむ集い , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.