■第1回 Osaka Z Workshop 出展レイアウト紹介

ノイシュヴァンシュタイン by Suke

模型を走らせるにも風景がないとつまらない!という思いで2006年から作り始めたレイアウトです。レイアウトを作成するのは初めて。場所を考えると一番小さいZゲージがいいということで、このグループで御世話になることになりました。今も作成途中で月に1度くらいのペースで手を加えています。

鉄道模型の小型レイアウト(Z)by くまどん

奥行きわずか36cmのシンプルなレイアウト。勾配も無いので安定した低速走行が愉しめるシンプルなレイアウトです。

ミニトランクレイアウト by kashy

DIYショップで市販しているアルミの工具ケースに、ブドウ畑とワインショップをモチーフとした小さなレイアウトを作成しました。

丸缶パイク by ryo

直径11cmの丸缶の中に仕込んだミニレイアウトです。缶の中心軸にネジが仕込んであって、レイアウト部分をくるくる回すと缶の内部に格納されていきます。建物(お城)やフィギュアは全て手作りです。

Tessinトランクレイアウト・A4ブックレイアウト by 静山

Tessinトランクレイアウト
ノッホ社のTessinというレイアウトボードをベースに作成し、アルミケースメーカーに依頼して作成した専用トランクに収納しました。内外周の2線同時走行が可能です。
A4ブックレイアウト
閉じるとA4の本のよう、開くとA3の雪景色のレイアウトです。背の高い教会や樹木の納め方に工夫があります。車両入れ、コントローラー、電池も内蔵で、カバンに入れておいてさっと取り出して運転できます。

日本型小型レイアウト by とうさん

日本の情景が楽しめる小型レイアウトです。車両も日本型Zを走らせます。

トランクレイアウト by TOTO

ゼロハリバートンのトランクにストラクチャーを詰め込めるだけ詰め込んだテーマパークの様な楽しいレイアウトです。

Cortinaレイアウトボード by 浪花のヒロ

ノッホ社のCortinaというレイアウトボードに線路を敷いたところです。これから完成めざしてがんばっています。内外周の2線同時走行が可能です。

Baden谷九共同レイアウト

ノッホ社のBadenBadenというレイアウトボードをベースにした、4線同時走行が可能なものです。Baden谷九メンバーで共同制作しています。完成めざしてがんばっています。